全く未知のフィット感に気づいたんだよねぇ…

 

まだイタリアの通貨がリラだった頃、

ローマのスペイン広場の斜め向かいあたりの
小さなショーウィンドウに
ピンクやブルーに黄色の革の手袋が並んでいて、

欲しいな〜と思って何度も店の前をうろうろしたわけです。

プライスタグは30000イタリア・リラ位だったと思う、
だいたい¥3000〜¥4000できれいな色の革の手袋が買えたので、
お土産には贈る方ももらう方も最高だった!
今では考えられない(t_t)

恐る恐る店に入ると
ショーケースの上に置いてある小さなクッションに
肘を乗せろと言われる。

私の手を眺めるとおもむろに手袋をかぶせてくる。
これが手術用のゴム手のようにピチピチ。
裂けちゃうんじゃないかと思うほど。

欲しかった水色も、ピンクも
ちっちゃな私の手に合うサイズは無くて、

「少しくらい大きくても良いよぉ〜」と
ブツブツ独り言のようにつぶやいてみたけど、
Sermoneta Glovesのお姉様は許してくれない(t_t)

ホントに唯一、
サイズが合ったのがこのグリーン!

でも大好きな色で,
そんなこんなでお気に入りな訳です…

あなたは自分の手袋のサイズを知ってますか?

そういえばあれ以来まともな手袋を買っていなくて
サイズも忘れちゃった。

全く未知のフィット感、
ヨーロッパのファッションの奥深さを知りました。