How to make



ここに載せているのはいわゆるホール用の舞台メイクです。

タブラオなどの場合は少しおさえめでいいと思います。





 
  1. メイクをしていなくても洗顔料を使って洗顔する。

  2. 普通何もつけないでドウランを塗るといわれていますが、私は油分の含まないローションをつけた方がいいような気がします。

  3. 専用のスポンジを水で濡らし、かたく絞った物でドウランをつける。
    (こうするとスポンジにドウランが吸われないですみます)
    こすらずに、毛穴にドウランをはたき込むような感じ。普段のメイクにくらべて相当たくさん塗る。
    できれば頬の下、額とアゴ、鼻筋の両端に濃いめの色を塗り、それより薄い色を全体に塗って馴染ませる。
    顔と首の境目が出来ないようよくのばす。
  1. ノーズシャドー
    こげ茶色で眉頭から鼻の両脇に線を引き、ぼかす。

  2. ハイライト
    Tゾーンにホワイトでハイライトを入れる

  3. パウダー
    パフにパウダーを取り顔全体にしっかりはたく。マメにはたき直せば、ドウランは塗り直す必要ありません。
↑クリーム色はハイライト
ベージュはダークファンデ
焦げ茶はノーズシャドウ
  1. アイライン
    太く!二重の人は二重の部分を塗りつぶす感じ。

  2. つけまつげ
    自分の目ではなくて
    さっき引いたアイラインの外側につける。(左図の赤線の位置)細いブラシの柄の方の先で押さえるとやりやすい。
    とれかけたときも、柄の先に糊をつけて、塗るとうまくいく。糊は三善のドンピシャンがオススメ。

  3. さらにアイライン
    付けまつ毛のさらに上にラインを引く。下のラインは下瞼のラインより直線ぽく。

↑2回目のアイライナーは 分かりやすくする為にグレイで描いていますが、
実際は1回目のライ ンと同じ色で 描いて下さいね。

  1. アイシャドー
    これはそれぞれですが、薄い色をアイホール全体にのせて、上瞼のくぼみ(アイホール)にグレーや茶でラインを引いてぼかす。さらにアイラインにそって濃いブルーなどを入れる。

  2. 眉墨
    茶色で軽く書いたあとで、黒で足す。直線で書くのではなくて、1本1本植える感じで、長めに太く。 茶色だけだとライトで飛んでしまいます。

  1. 口紅
    リップライナーか茶の眉墨で
    リップラインを相当大きく書く
    口紅は赤、濃いピンクなどで書く。 口角を塗り忘れないように。薄いピンクやオレンジはライトで飛んでしまいます。

  2. チーク
    耳の上から頬骨の一番高いところまでを、外側から内側へ向けてブラシで払うように。ブラシにとったチークは手で馴染ませてからつける。